Mitsuo Aida Museum

MITSUO AIDA
美術館案内
総合案内
フロアガイド
カフェ
団体/学校/グループ
ミュージアムライブ

みつを−TV
テレビ/ラジオ番組情報
携帯コンテンツ情報
リンク
私のみつを
みなさまの声
夏のワークショップ
第88回ミュージアムライブ「わたしに残された坂村真民の遺稿〜弥勒の詩〜」
※終了しました
 

相田みつをとの初めての出逢いから25年。
その時の出逢いを通じて相田みつをの言葉に曲をつけた「人間だもの」が生まれました。
出逢いの不思議と相田みつをへの熱い想いを語ります。

日 時: 2015年11月25日(水)18:45〜約1時間
場 所: 相田みつを美術館 第5展示室
出 演: 加藤登紀子さん
参加料: 無料

第88回ミュージアムライブ「わたしに残された坂村真民の遺稿〜弥勒の詩〜」
※終了しました
 

ブリュッセル弦楽四重奏団はベルギーを代表する室内楽団の一つで、当館でのコンサートも毎回好評を博しております。今回で4回目となるコンサートは、主宰者の志田とみ子さんの日本で最後のコンサートとなります。文化の日を心ゆくまでお楽しみください。

日 時: 2015年11月3日(火・祝)18:45〜約1時間
場 所: 相田みつを美術館 第5展示室
出 演: フィリップ・コッシュ(第1ヴァイオリン)、志田とみ子(第2ヴァイオリン)、トニー・ネイス(ヴィオラ)、リュック・ドゥエーズ(チェロ)
参加料: 1000円(ワンドリンク付)
※友の会(円融会)の方は500円、
 悠遊会の方は1000円

第88回ミュージアムライブ「わたしに残された坂村真民の遺稿〜弥勒の詩〜」※終了しました  

飛騨の四季の自然と共に生きる岐阜県高山市の名刹・正宗寺(しょうそうじ)の東堂。1935(昭和10)年生まれ。
駒澤大学教化研修所を出られ、1963(昭和38)年から9年間、岐阜県の高校で倫理と社会科の先生をされました。その後、曹洞宗の本山・永平寺で修行され、正宗寺の住職を継ぎました。
鎌倉の円覚寺では、相田みつをとまだ中学生だった相田一人館長、生前の坂村真民と一緒に坐禅会に参加し、深い交流がありました。
正宗寺の境内には「念ずれば花ひらく」と「大宇宙 大和楽」の詩碑が建立されています。

日 時: 2014年5月30日(金)18:45〜約1時間
場 所: 相田みつを美術館 第5展示室
講 師: 原田道一氏(岐阜県高山市 正宗寺東堂)
参加料: 1000円(ワンドリンク付)
※友の会(円融会)の方は500円、
 悠遊会の方は1000円

第87回ミュージアムライブ「下を見て降りていく生き方」※終了しました

現在、イエローハットの創業者・鍵山秀三郎さんは会社経営の第一線から退き、「掃除に学ぶ会」などボランティアの実践活動で活躍されています。
鍵山さんは生前の詩人・坂村真民さんと相田みつをともに交流がありました。坂村さんの苦労と人生体験が言葉だけではなく、実際に行動してきたことに尊敬しているといいます。かつて大田区北千束にあったイエローハットの本社の玄関前には、坂村真民の代表作「念ずれば花ひらく」の石碑がありました。
今回は「念ずれば花ひらく〜坂村真民と相田みつをの世界〜」にちなんで、詩を通して坂村真民の生き方をお話いただきます。

日 時: 2014年3月14日(金)18:45〜約1時間
場 所: 相田みつを美術館 第5展示室
講 師: 鍵山秀三郎さん(イエローハット創業者)
参加料: 1000円(ワンドリンク付)
※友の会(円融会)の方は500円、
 悠遊会の方は1000円

第86回ミュージアムライブ「移転10周年アニバーサリーコンサート」※終了しました  

ブリュッセル弦楽四重奏団はベルギーを代表する室内楽団の一つで、当館でのコンサートも毎回好評を博しております。秋の夜長を4人のメンバーの個性や技量を生かした伸びやかで統一感のある演奏でお楽しみください。

日 時: 2013年10月30日(水)18:45〜約1時間
場 所: 相田みつを美術館 展示室内
出 演: ブリュッセル弦楽四重奏団
演 目:
(予定)
1.アルベール・オイブレヒト 弦楽四重奏曲第1番
2.ブラームス弦楽四重奏曲第1番ハ短調 作品51-1
参加料: 1000円(ワンドリンク付)


第85回ミュージアムライブ「相田みつをの思い出」※終了しました  

虎谷さんは、相田みつをの故郷足利市のお菓子の老舗です。若き日の相田みつをは、ミートサブレなどの包装紙や栞のデザインを手がけています。生前長い交流のあった村松礼子氏に、当館館長相田一人が聞き手となってお話を伺います。

日 時: 2013年4月17日(水)18:45〜約1時間
場 所: 相田みつを美術館 展示室内
出 演: 村松礼子氏(虎谷社長)
参加料: 1000円(ワンドリンク付)
※友の会会員様500円

【村松礼子氏】
茨城県ひたちなか市のサラリーマン家庭に生まれる。
1973(昭和48)年 縁あって足利の老舗のお菓子屋「虎谷」に嫁ぐ。
当初、お菓子の知識もなく、大家族と従業員を抱えた生活に戸惑いながらも家業を支えていく。義父に当る先代の社長が相田みつをと親しく、よく一緒にアトリエに伺う。先代亡き後、社長を引き継いでいる。




第84回ミュージアムライブ「時を撮る−六田知弘の世界−」
※終了しました
 

日 時: 2013年3月15日(金)18:45〜約1時間
場 所: 相田みつを美術館 第2ホール
出 演: 六田知弘氏(写真家)、
相田一人(当館館長)
参加料: 1000円
※友の会会員様500円

【六田知弘(むだともひろ)さん】
1956年生まれ奈良県出身
1980年早稲田大学教育学部卒業
1982年よりネパールヒマラヤ山中のシェルパ村に暮らして撮影
1988年最初の個展「ひかりの素足−シェルパ」を開催
以降、日本美術、ロマネスク、ビザンチン、アジアの仏教遺跡など、「祈りの空間、祈りのかたち」をキーワードに世界各地の美術を撮影、写真展や出版を通じて発表する
2007年国立西洋美術館としては初めての写真展「祈りの中世 ロマネスク美術写真展」を開催
2008年には外国人としては約70年ぶりに中国三大石窟のひとつ「雲岡石窟」の全容を撮影
2009年より写真展「サンティアゴ巡礼の道 六田知弘 東洋のまなざし」がヨーロッパ各地を巡回中




第83回ミュージアムライブ「春よ来い 円空さんの願い 飛騨の旅」※終了しました  

「円空さんの願い」をテーマに、飛騨の正宗寺と円空仏との関わりなどについて、木彫仏の「薬師如来」に触れながらお話いただきます。

日 時: 2013年2月20日(水)18:45〜約1時間
場 所: 相田みつを美術館 展示室内
出 演: 原田道一老師(正宗寺 東堂)
参加料: 1000円(ワンドリンク付)
※友の会会員様500円

【原田道一東堂】
飛騨の四季の自然と共に生きる岐阜県高山市の名刹・正宗寺(しょうそうじ)の東堂です。
1935(昭和10)年生まれ。
駒澤大学教化研修所を出られ、1963(昭和38)年から9年間、岐阜県で高校の倫理と社会科の先生をされました。その後、曹洞宗の本山・永平寺で修行され、正宗寺の住職を継ぎました。鎌倉の円覚寺では、相田みつをとまだ中学生だった相田一人館長といっしょに坐禅会に参加しています。
正宗寺には円空の木彫仏の「薬師如来」があります。顔もようやく目鼻や口がわかるほどつるつるになっています。原田さんの話によると「子どもたちがこの木彫仏を川に投げ込んで、浮き輪代わりに遊んでいた。女の子は人形代わりに、おぶって遊んでいた」そうです。いまでも正宗寺では皆さんが、この円空仏に自由に触れています。その円空の木彫仏の「薬師如来」をお借りできることになりました。
原田さんは数年前に正宗寺の住職をご子息に譲り、東堂になりました。世界中の『禅』の友人たちとネットワークを作り、新しい時代は異なる文化の交流を通して、新しい風を吹かせようとしています。一昨年はドイツ、オランダ、スイスを訪れ『禅文化』について交流をされています。




第82回ミュージアムライブ「仏との出逢い− 一遍上人に導かれて−」
※終了しました
 

研究テーマである一遍上人の遊行、禅のこと、相田みつをの印象などについてお話いただきます。

日 時: 2013年2月13日(水)18:45〜約1時間
場 所: 相田みつを美術館 展示室内
出 演: 岡本貞雄さん(広島経済大学教授)
参加料: 1000円(ワンドリンク付)
※友の会会員様500円

【広島経済大学教授 岡本 貞雄さん】
1952(昭和27)年広島県広島市に生まれる。父親の転勤等で、30回以上転宅した経歴を持ち、高校生の頃、心のふるさとを求め禅寺を訪ねた。佛通寺管長藤井虎山老師に弟子入りした。日本大学法学部に進学後も禅を学び、鈴木大拙ゆかりの松ケ岡文庫に止宿、文庫長古田紹欽の指導を受け、大正大学大学院で仏教学を専攻し、主に一遍上人の研究を行った。修了後、広島県私立広陵高校教諭、正眼短期大学講師を経て現在広島経済大学教授。禅の師匠から与えられた「いのちをみつめる」をテーマとして実践、研究活動を続けている。毎年ゼミの学生とともに行っている座禅研修会は20回を数える。また現在学生と取り組んでいる戦争経験記憶の継承活動もその一環である。各自が深く自己を見つめ、充実した人生を送れるようになることを目指している。その活動は、「学生が聞いた禅」「オキナワを歩く」I II III IV Vとして出版されているほか、「ヒロシマを歩く」「カウラ捕虜収容所日本兵脱走事件」等にまとめられている。2012年6月12日から相田みつを美術館第2ホールで開催された沖縄本土復帰40年記念企画 田中正文写真展では、岡本ゼミで活動をしている「オキナワを歩く」が紹介された。




第81回ミュージアムライブ「観音さまのまなざし〜苦から悲そして慈しみへ〜」
※終了しました
 

相田みつをと若いころから無二の親友であった足利市 明林寺西田正源東堂のご子息、西田正法老師をお招きいたします。仏門に入られたこと、禅のこと、相田みつを作品との出逢い、相田みつをの印象などについてお話いただきます。

日 時: 2013年1月17日(木)18:45〜約1時間
場 所: 相田みつを美術館 展示室内
出 演: 西田正法さん
(栃木県足利市 明林寺住職)
参加料: 1000円(ワンドリンク付)
※友の会会員様500円

【西田正法老師(足利市 明林寺住職)】
1954(昭和29)年、相田みつをと無二の親友であった正源住職の次男として生まれる。足利高校から駒澤大学仏教学部を卒業して、曹洞宗教化研修所を経て、大本山永平寺で修行されました。永平寺では伝道部の講師、布教部長などを歴任して、今年の7月、郷里の明林寺住職に戻られました。
この間に曹洞宗宗務庁では、関東管区教化センター派遣布教師、曹洞宗特派布教師、曹洞宗宗務庁主催の「禅教室」指導講師などの要職を務めてこられました。



第80回ミュージアムライブ「黒髪断ちて入りし道」※終了しました  

生前の相田みつをと交流があり、『円融便り』にもたびたびご紹介されている青山俊菫老師をお招きいたします。仏門に入られたこと、禅のこと、相田みつをの印象などについてお話いただきます。

日 時: 2012年12月12日(水)18:45〜約1時間
場 所: 相田みつを美術館 展示室内
出 演: 青山俊董さん (愛知専門尼僧堂堂長、正法寺住職兼任 無量寺東堂)
参加料: 1000円(ワンドリンク付)
※友の会会員様500円

【青山俊菫老師(愛知専門尼僧堂堂長 無量寺東堂) 】
1933(昭和8)年、愛知県一宮市に生まれる。5歳の時、長野県塩尻市の曹洞宗・無量寺に入門。15歳で得度して、愛知専門尼僧堂に入り修行。その後、駒澤大学仏教学部・大学院・曹洞宗教化研修所を経て、1964(昭和39)年より、愛知専門尼僧堂に勤務。1976(昭和51)年、堂長に就任。現在は長野県塩尻市にある無量寺住職・東堂を兼務されています。
参禅指導、講演、執筆に活躍するほか、茶道、華道の教授としても
『禅』の普及につとめておられます。2006(平成18)年には、尼僧の指導、講演や著作で仏法への結縁(けちえん)により、女性では二人目の第40回仏教伝道文化賞功労賞を受賞されています。2009(平成21)年には、曹洞宗の僧階「大教師」に尼僧として初めて昇任されました。



第79回ミュージアムライブ「置かれた場所で咲きなさい」※終了しました  

シスターの近著「置かれた場所で咲きなさい」(2012年4月幻冬舎)は、50万部を超えるベストセラーとなっており、85歳の現在も教壇に立たれていらっしゃいます。まさに「麗老」の言葉がぴったりのシスターに心と身体の美しさを保つ秘訣をお話いただきます。

日 時: 2012年10月5日(金)18:45〜約1時間
場 所: 相田みつを美術館 展示室内
出 演: ノートルダム清心学園理事長 
渡辺 和子さん
参加料: 1000円 ※友の会会員様500円

【渡辺和子さん】
1927(昭和2)年、北海道旭川に生まれる。父親は二・二六事件で襲撃された教育総監・渡辺錠太郎氏。18歳でキリスト教の洗礼を受け、聖心女子大学を経て、54年上智大学大学院修了。56年ナミュール・ノートルダム修道女会入会。62年ボストンカレッジ大学院で博士号取得。帰国後、36歳で岡山県のノートルダム清心女子大学学長に就任する。84年マザー・テレサが来日した際には通訳を務める。長年に亘り教壇に立ち、現在は同学園理事長。相田みつを美術館では、2002年ミュージアムライブで「生きるということ、愛するということ」と題し、ご講演いただく。
《著書》「美しい人に」「愛を込めて生きる」「目に見えないけれど大切なもの」「マザー・テレサ 愛と祈りのことば(訳書)」(PHP研究所)他多数、近著「置かれた場所で咲きなさい」(2012年4月幻冬舎)は現在50万部を超えるベストセラーとなっている。



第78回ミュージアムライブ「オキナワを歩く」
※終了しました
 

広島経済大学・岡本ゼミの学生たちは、6年前より沖縄の戦跡をめぐり、戦争体験者の証言をお聞きし、その内容を「オキナワを歩く」としてまとめてきました。本展は、女子学徒の皆様と学生たちの交流を写真に残した、写真家・田中正文氏の写真展です。写真展開催を記念して岡本氏、田中氏に対談していただきます。

日 時: 2012年6月22日(金)18:45〜約1時間
場 所: 相田みつを美術館 第2ホール
出 演: 岡本貞雄氏(広島経済大学教授)
田中正文氏(写真家)
参加料: 1000円 ※友の会会員様500円

※お申込みはコチラの応募フォームかお電話(03-6212-3200)にて承っております。
定員制のため、応募者多数の場合は抽選の上、当落結果をハガキでご通知します。


第77回ミュージアムライブ「さくら・桜・SAKURAハープコンサート 〜海を渡った桜100周年を記念して〜」
※終了しました
 

4月14日アメリカ・ワシントン「日米シドモア桜寄贈100周年記念」において、日本人としての「さくら幻想曲」をハープで奏でることとなりました。当館でそれに先駆けてご披露いただきます。豪華ゲストとともにスペシャルコンサートをお楽しみください。

日 時: 2012年3月29日(木)18:45〜約1時間
場 所: 相田みつを美術館展示室内
出 演: 中野智香子さん(ハープ・セラピスト)
共演者: 望月一左さん(小鼓)、横澤和也さん(石笛・横笛)
参加料: 1000円(ワンドリンク付)
※友の会会員様500円

※お申込みはコチラの応募フォームかお電話(03-6212-3200)にて承っております。
定員制のため、応募者多数の場合は抽選の上、当落結果をハガキでご通知します。

ハープ・セラピスト 中野智香子さん
京都府大原市生まれ。13歳よりハープを始める。国立音楽大学ハープ科を卒業。ジャンルを超えてクラシックからジャズまでこなせるハーピストとして活躍。ライフワークとして胎響コンサートを始め、秋篠宮紀子妃殿下は真子様がお腹にいらっしゃる時、お聞きになられる。また、クラシックハープの概念を越えて日本の古典芸能とのジョイントコンサートや全国の神社・寺院などでの奉納コンサートを行っている。現在は今までの経験を生かし、ハープ・セラピストとして新しい命のための胎響コンサート、子供達のためのふれあいコンサート、移動フェアリー・ハープ教室そして痴呆症及び介護を必要とする人を対象とした音楽療法としてのセラピー・コンサートを行っている。



第76回ミュージアムライブ「戦場カメラマンの見た被災地」※終了しました  

片野田斉さんをお迎えしてお話していただきます。

日 時: 2012年3月16日(金)18:45〜約1時間
場 所: 相田みつを美術館展示室内
出 演: 片野田斉(かたのだ ひとし)さん
参加料: 無料

※お申込みはコチラの応募フォームかお電話(03-6212-3200)にて承っております。
定員制のため、応募者多数の場合は抽選の上、当落結果をハガキでご通知します。

【片野田斉(かたのだひとし)さん】
報道写真家
1960年生まれ東京都出身。
明治学院大学卒。写真週刊誌、女性週刊誌、月刊総合誌を中心に活躍。
‘01年9月11日に起こった米国同時多発テロ事件に衝撃を受けイスラマバードへ。
以後パキスタン、アフガニスタン、パレスチナ、イラク、北朝鮮、中国の四川大地震等を「週刊ポスト」誌に発表。
ニューヨークに拠点を置く世界的写真通信社「Polaris Images」メンバー。
震災の写真も欧米主要メディアに掲載される。


第75回ミュージアムライブ「ブリュッセル弦楽四重奏団コンサート」
※終了しました
 

「ブリュッセル弦楽四重奏団コンサート」
ベルギーを代表する室内楽団の1つで、近年日本でも注目を浴びています。昨年も美術館で演奏していただきました。
4人のメンバーの個性や技量を生かした伸びやかで統一感のある演奏をお楽しみください。

日 時: 2012年2月29日(水)18:45〜約1時間
場 所: 相田みつを美術館展示室内
出 演: ブリュッセル弦楽四重奏団
演 目: シューベルト弦楽四重奏曲『死と乙女』他
参加料: 1000円(ワンドリンク付)
※友の会会員様500円

※お申込みはコチラの応募フォームかお電話(03-6212-3200)にて承っております。
定員制のため、応募者多数の場合は抽選の上、当落結果をハガキでご通知します。

第74回ミュージアムライブ「みすゞ甦りの中で」
※終了しました
 

金子みすゞ記念館 館長の矢崎節夫さんに「みすゞ甦りの中で」と題しご講演いただきます。

日 時: 2012年1月11日(水)18:45〜約1時間
場 所: 相田みつを美術館展示室内
講 師: 矢崎節夫さん
(児童文学者、金子みすゞ記念館館長)
参加料: 1000円(ワンドリンク付)
※友の会会員様500円

※お申込みはコチラの応募フォームかお電話(03-6212-3200)にて承っております。
定員制のため、応募者多数の場合は抽選の上、当落結果をハガキでご通知します。


第73回ミュージアムライブ「姜 小青コンサート 中国古箏の世界」
※終了しました
 

中国の箏は古箏とも呼ばれ、2200年ほど前の春秋戦国時代に生まれたといわれています。スタンダードから相田みつをが好きな童謡「ふるさと」まで、秋の夜長とともに、古箏音楽の可能性を広げるべく挑戦を続けている姜小青さんの奏でる音色をお楽しみください。

日 時: 2011年10月19日(水)18:45〜約1時間
テーマ: 中国古箏の世界
場 所: 相田みつを美術館展示室内
講 師: 古箏奏者 
姜 小青(ジャン シャオチン)さん
参加料: 1000円(ワンドリンク付)
※友の会会員様500円

※お申込みはコチラの応募フォームかお電話(03-6212-3200)にて承っております。
定員制のため、応募者多数の場合は抽選の上、当落結果をハガキでご通知します。


第72回ミュージアムライブ「生島ヒロシさんご講演 震災を乗り越えて」
※終了しました
 

生島さんは、TBSラジオ「生島ヒロシのおはよう定食・一直線」の番組内で相田みつを作品の朗読をしてくださっています。このたびの震災のことや相田みつをの“ことば”への思いを語っていただきます。

日 時: 2011年9月29日(木)18:45〜約1時間
テーマ: 震災を乗り越えて
場 所: 相田みつを美術館展示室内
講 師: フリーアナウンサー 生島ヒロシさん
参加料: 1000円(ワンドリンク付)
※友の会会員様500円

※お申込みはコチラの応募フォームかお電話(03-6212-3200)にて承っております。
定員制のため、応募者多数の場合は抽選の上、当落結果をハガキでご通知します。

第71回ミュージアムライブ「母 柴田トヨを語る(仮題)」
※終了しました
 

柴田トヨさんのご子息“健一さん”によるご講演です。母 トヨさんについてお話いただきます。

日 時: 2011年4月29日(金・祝)18:45〜約1時間
テーマ: 母 柴田トヨを語る(仮題)
場 所: 相田みつを美術館展示室内
講 師: 柴田健一さん(柴田トヨさんご子息)
聞き役: 相田一人 相田みつを美術館館長
参加料: 1000円(ワンドリンク付)
※友の会会員様500円

※お申込みはコチラの応募フォームかお電話(03-6212-3200)にて承っております。
定員制のため、応募者多数の場合は抽選の上、当落結果をハガキでご通知します。




第70回ミュージアムライブ「刑務所の中の中学校『桐分校』と『いのちの根』」
※終了しました
 

角谷敏夫先生は全国で唯一刑務所にある中学校、「松本市立旭町中学校 桐分校」で35年間教鞭をとられていました。
「桐分校」のお話や相田みつを作品の思いなどをご講演いただきます。

日 時: 2011年4月6日(水)18:45〜約1時間
テーマ: 刑務所の中の中学校「桐分校」と「いのちの根」
場 所: 相田みつを美術館展示室内
講 師: 角谷(すみや)敏夫先生 
(元松本市立旭町中学校 桐分校教官)
参加料: 1000円(ワンドリンク付)
※友の会会員様500円

※お申込みはコチラの応募フォームかお電話(03-6212-3200)にて承っております。
定員制のため、応募者多数の場合は抽選の上、当落結果をハガキでご通知します。



第69回ミュージアムライブ「親子でクリスマスコンサート」
※終了しました
 

ハーモニカ奏者の波木圭二さんと波木克己さん親子をお迎えして、ハーモニカクリスマスコンサートを行います。
聖なる夜はハーモニカの音色と共に美術館でお過ごしください。

日 時: 2010年12月23日(木・祝)18:45〜約1時間
場 所: 相田みつを美術館展示室内
出 演: 波木圭二さん・波木克己さん(ハーモニカ奏者)
ポピュラー音楽を中心に相田みつをが好きだった曲などを演奏
参加料: 1000円(ワンドリンク付)
※友の会会員様500円

※お申込みはコチラの応募フォームかお電話(03-6212-3200)にて承っております。
定員制のため、応募者多数の場合は抽選の上、当落結果をハガキでご通知します。



第68回ミュージアムライブ「ブリュッセル弦楽四重奏団コンサート」
※終了しました
 

ベルギーを代表する室内楽団の1つで、近年日本でも注目を浴びています。4人のメンバーの個性や技量を生かした伸びやかで統一感のある演奏は、とても人気があります。秋の夜長のひとときをどうぞお楽しみください。

日 時: 2010年11月2日(火)18:45〜約1時間
プログラム: ドビュッシー
『カルテット作品10(ト短調)』他
場 所: 相田みつを美術館展示室内
出 演:

ブリュッセル弦楽四重奏団

参加料: 1000円(ワンドリンク付)
※友の会会員様500円

※お申込みはコチラの応募フォームかお電話(03-6212-3200)にて承っております。
定員制のため、応募者多数の場合は抽選の上、当落結果をハガキでご通知します。
ブリュッセル弦楽四重奏団


第67回ミュージアムライブ「相田みつを先生にご縁をいただいて」
※終了しました
 

鍵山さんは会社経営の第一線から退き、「日本を美しくする会」や「掃除に学ぶ会」など、ボランティアの実践活動で活躍されています。トイレの便器を素手で磨くなど掃除を通して学ぶこと、他人の幸福を奪うことなく、自分自身の幸福を追求するなどをお話いただきます。
先日は人間学を学ぶ雑誌「致知」で相田館長と対談をしました。
生前の相田みつをとも深い親交があり、美術館ともご縁のある方です。新刊「ある日自分へ」の出版記念を「致知」10月号対談記念でお招きいたします。

日 時: 2010年10月7日(木)18:45〜約1時間
テーマ: 「相田みつを先生にご縁をいただいて」
場 所: 相田みつを美術館展示室内
講 師:

イエローハット創業者 
鍵山 秀三郎さん(かぎやま ひでさぶろう)

参加料: 1000円(ワンドリンク付)
※友の会会員様500円

※お申込みはコチラの応募フォームかお電話(03-6212-3200)にて承っております。
定員制のため、応募者多数の場合は抽選の上、当落結果をハガキでご通知します。


『おかげさん その誕生のひ・み・つ ‐「おかげさん」展を記念して‐』
※終了しました
 

相田みつをは、1986年4月から1年間「週刊ダイヤモンド」に「おかげさん」と題して書とエッセイを連載していました。連載された当時の思い出や、単行本化の経緯など、担当者の岩佐 豊氏と冨田 玲子氏に素顔の相田みつををお話いただきます。
充実期の相田みつをを知る絶好の機会です。

日 時: 2010年4月22日(水)18:45〜約1時間
テーマ: 『おかげさん その誕生のひ・み・つ
‐「おかげさん」展を記念して‐』
場 所: 相田みつを美術館 第5展示室
講 師:

岩佐 豊氏(元ダイヤモンド社社長)
冨田 玲子氏(ダイヤモンド社編集委員)
聞き役 館長 相田 一人

参加料: 1000円(ワンドリンク付)
※友の会会員様500円

※お申込みはコチラの応募フォームかお電話(03-6212-3200)にて承っております。
定員制のため、応募者多数の場合は抽選の上、当落結果をハガキでご通知します。



第65回ミュージアムライブ「相田みつをの心 野崎洋光の味」

※終了しました
 

「相田みつをの心 野崎洋光の味」(文化出版局)出版を記念してミュージアムライブを開催します。
食の基本は家庭料理。相田みつをの書から得た感動を、34の料理を通して読者に伝える初のコラボ本がでました。
相田みつを作品との出逢いから料理人としての歩み、近況などを語っていただきます。

日 時: 2010年2月24日(水)18:45〜約1時間
テーマ: 「相田みつをの心 野崎洋光の味」
場 所: 相田みつを美術館展示室内
講 師:

野崎 洋光(のざき ひろみつ)さん 
東京・麻布「分とく山」総料理長

参加料: 1000円(ワンドリンク付)
※友の会会員様500円

※お申込みはコチラの応募フォームかお電話(03-6212-3200)にて承っております。
定員制のため、応募者多数の場合は抽選の上、当落結果をハガキでご通知します。

【野崎 洋光(のざき ひろみつ)さん】
1953年、福島県石川郡古殿町生まれ。武蔵野栄養専門学校卒業。東京グランドホテル、八芳園を経て、現在は、東京・麻布「分とく山」の総料理長。伝統や習慣にとらわれず自らが美味しいと思うものを作り続けている。著書に「美味しい方程式」「美味しい方程式の原点」「料理学」(文化出版局)など多数。
野崎洋光さん

第64回ミュージアムライブ「ハープとトークのクリスマスライブ」

※終了しました
 

ハープ・セラピストの小倉知香子さんのハープの調べと館長 相田一人とのトークをお楽しみください。

日 時: 2009年12月25日(金)18:45〜約1時間
テーマ: 「ハープとトークのクリスマスライブ」
場 所: 相田みつを美術館展示室内
講 師: ハープ・セラピスト:
小倉 知香子さん(おぐら ちかこ)
相田みつを美術館館長:
相田 一人(あいだ かずひと)
参加料: 1000円(ワンドリンク付)
※友の会会員様500円

※募集は締め切りました

ハープ・セラピスト 小倉 知香子さん
京都府大原市生まれ。13歳よりハープを始める。国立音楽大学ハープ科を卒業。ジャンルを超えてクラシックからジャズまでこなせるハーピストとして活躍。ライフワークとして胎響コンサートを始め、秋篠宮紀子妃殿下は真子様がお腹にいらっしゃる時、お聞きになられる。また、クラシックハープの概念を越えて日本の古典芸能とのジョイントコンサートや全国の神社・寺院などでの奉納コンサートを行っている。現在は今までの経験を生かし、ハープ・セラピストとして新しい命のための胎響コンサート、子供達のためのふれあいコンサート、移動フェアリー・ハープ教室そして痴呆症及び介護を必要とする人を対象とした音楽療法としてのセラピー・コンサートを行っている。
小倉知香子さんライブ風景
小倉知香子さんライブ風景

第63回ミュージアムライブ「宗次郎『オカリーナの森』を語る」

※終了しました
 

世界屈指のオカリナ奏者“宗次郎さん”をお迎えしてのミュージアムライブです。
常に自然とかかわりの中で土とのふれあいを大切にし、コンサート、作曲、創作活動を続けている宗次郎さん。
その宗次郎さんと館長 相田一人のスペシャル対談が実現します。

日 時: 2009年10月23日(金)18:45〜約1時間
テーマ: 「宗次郎『オカリーナの森』を語る」
場 所: 相田みつを美術館展示室内
講 師:

オカリナ奏者:宗次郎さん(そうじろう)
相田みつを美術館館長:
相田 一人(あいだ かずひと)

参加料: 1000円(ワンドリンク付)
※友の会会員様500円

※お申込みはコチラの応募フォームかお電話(03-6212-3200)にて承っております。
定員制のため、応募者多数の場合は抽選の上、当落結果をハガキでご通知します。


オカリナ奏者 宗次郎さん
1986年のNHKのドキュメンタリー番組『大黄河』の音楽で、古代中国の匂いを完膚なきまでに表現した秀逸極まりない音作りが大きな反響を呼び、一躍人気アーティストとしての地位を得ました。以来、自然・歴史・神話をモチーフにした情緒豊かな作品を多く生み出し、高い人気を博しています。
2008年8月にはオカリナ普及やファンとの交流の場として茨城県常陸大宮市の自宅近くに「Sojiroオカリーナの森」を建設し、2009年7月22日には「オカリーナの森」から初めてのオリジナルアルバム『オカリーナの森から』が発表されました。
宗次郎さん

第62回ミュージアムライブ「三遊亭歌橘師匠の真打昇進襲名披露記念高座」

※終了しました
 

三遊亭歌橘師匠 真打襲名記念といたしまして、圓歌一門の皆様による落語公演を行ないます。
足利時代の“相田みつをの思い出”を交えた高座は見逃せません。
また当日は師匠である、三遊亭圓歌師匠よる落語も一席行ないます。

日 時: 2009年8月1日(土)18:45〜約1時間
テーマ: 「三遊亭 歌橘師匠 
真打昇進襲名披露記念高座」
場 所: 相田みつを美術館第5展示室
講 師: 三遊亭 圓歌師匠、三遊亭 歌橘師匠 他
参加料: 1000円(ワンドリンク付)
※友の会会員様500円

※お申込みはコチラの応募フォームかお電話(03-6212-3200)にて承っております。
定員制のため、応募者多数の場合は抽選の上、当落結果をハガキでご通知します。


三遊亭 歌橘(さんゆうてい かきつ)さん
1976年6月24日栃木県足利市出身。幼少の頃より早坂光枝に民謡と三味線の指導を受ける。15歳の時、三代目三遊亭圓歌の門を叩く。1994年10月8日「三遊亭歌いち」と命名。1995年3月3日内弟子修行開始。同年6月3日「末廣亭」で初高座。演目『壽限無』。1999年5月1日二ツ目昇進。「三遊亭あし歌」と改名。その後数々の賞を総なめにし、2008年9月21日真打昇進と同時に「三代目三遊亭歌橘」を襲名。30年振りの名跡復活となる。
三遊亭 圓歌師匠

三遊亭 圓歌師匠
三遊亭 歌橘師匠




第61回ミュージアムライブ「春らんまんハープ・コンサート〜春いっぱい夢いっぱいハープの調べ〜」

※終了しました
 

お花見に心浮かれるこの季節、ハープ・セラピストの小倉知香子さんをお招きします。ちょうど美術館ではさくら祭りを開催中、館内でのお花見を兼ねてハープの調べをお楽しみください。

日 時: 2009年4月2日(木)18:45〜約1時間
テーマ: 「春らんまんハープ・コンサート
〜春いっぱい夢いっぱいハープの調べ〜」
場 所: 相田みつを美術館第5展示室
講 師: 小倉知香子さん(ハープ・セラピスト)
参加料: 1000円(ワンドリンク付)
※友の会会員様500円

※お申込みはコチラの応募フォームかお電話(03-6212-3200)にて承っております。
応募締切:3月27日(金)
定員制のため、応募者多数の場合は抽選の上、当落結果をハガキでご通知します。


小倉知香子さん
京都府大原生まれ。13歳よりハープを始める。国立音楽大学ハープ科を卒業。
ジャンルを超えてクラシックからジャズまでこなせるハーピストとして活躍。ライフワークとして胎響コンサートを始め、秋篠宮紀子妃殿下は真子様がお腹にいらっしゃる時、お聞きになられる。また、クラシックハープの概念を越えて日本の古典芸能とのジョイントコンサートや全国の神社・寺院などでの奉納コンサートを行っている。
現在は今までの経験を生かし、ハープ・セラピストとして新しい命のための胎響コンサート、子供達のためのふれあいコンサート、移動フェアリー・ハープ教室そして痴呆症及び介護を必要とする人を対象とした音楽療法としてのセラピー・コンサートを行っている。
小倉知香子さん






第60回ミュージアムライブ「祈りの道 六田知弘 自作を語る」を開催します。

※終了しました

 

相田みつを美術館・第2ホールで開催中の「祈りの道」写真展の”サンティアゴ巡礼の道”を撮影された写真家・六田知弘氏をお迎えします。30年来の友人でもある当館館長 相田一人が聞き役となり自作をじっくり語っていただきます。

日 時: 2009年2月27日(金)18:45〜約1時間
テーマ: 「祈りの道 六田知弘 自作を語る」
場 所: 相田みつを美術館第5展示室
講 師: 六田知弘さん(写真家)
(聞き役 当館館長・相田一人)
参加料: 1000円(ワンドリンク付)
※友の会会員様500円

※お申込みはコチラの応募フォームかお電話(03-6212-3200)にて承っております。


【六田知弘(むだ ともひろ)さん】
1956年 奈良県に生まれる
1982年 早稲田大学教育学部卒業
1980年 フリーランスの写真家となる
ヒマラヤのシェルパの村に暮らして撮影した最初の個展「ひかりの素足──シェルパ」を開催以降、 日本美術、ロマネスク、ビザンチン、アジアの仏教遺跡など、「祈りの空間、祈りのかたち」をキーワードに 世界各地の美術を撮影、写真展や出版を通じて発表する
2007年 東京の国立西洋美術館としては初の写真展「祈りの中世 ロマネスク美術写真展」を開催 また、「光」とものの「存在」にこだわった、ファインアートとしての写真作品も多く発表する
2008年 「祈りの道 サンティアゴ巡礼の道と熊野古道」ルイス・オカニャとの二人展開催
六田知弘さん




第59回ミュージアムライブ『「こころの道」”魂”のハーモニカコンサート』を開催します。

※終了しました

 

10ホールズ・ハーモニカ奏者の波木克己さんをお迎えし、オリジナル曲からジャズまで、そして相田みつをが好きだった童謡「月の砂漠」など演奏いたします。

日 時: 2009年1月15日(木)18:45〜約1時間
テーマ: 「こころの道」
”魂”のハーモニカコンサート
場 所: 相田みつを美術館第5展示室
講 師: 波木克己さん
(10ホールズ・ハーモニカ奏者)
参加料: 1000円(ワンドリンク付)
※友の会会員様500円

※お申込みはコチラの応募フォームかお電話(03-6212-3200)にて承っております。


【波木克己 (ナミキ カツミ) さん】
1953(昭和28)年、東京生まれ。1967(昭和42)年、イギリスブルースの巨人ジョン・メイオールのライブを観て、独学で10ホールズ・ハーモニカを学び始める。ブルースにとらわれず日本の自然、心の内面をテーマに作曲をし、オリジナルからジャズまで幅広く演奏活動をしている。1983(昭和58)年には日本ハーモニカ賞を受賞、現在は新宿ミュージックスクールで指導するかたわら、10ホールズ・ハーモニカの素晴らしさを一人でも多くの方に味わってほしいと日本国内だけではなく、海外でも演奏活動を続けている。











第58回ミュージアムライブ「相田みつをさんと美腰と私〜いくつになっても輝くために〜」を開催します。

※終了しました
 

美腰メイクの考案者SHINOさんをお迎えしてのミュージアムライブです。最新刊「SHINOのナチュラル美腰メイク」(祥伝社)を記念し、美腰体操誕生と相田みつをの関係やいくつになっても輝くためSHINOさんが実践しているメソッドなどを語っていただきます。

開催日時: 2008年12月22(月)18:45〜約1時間
テーマ: 「相田みつをさんと美腰と私
〜いくつになっても輝くために〜」
場 所: 相田みつを美術館第5展示室
講 師: SHINOさん(美腰スタイリスト)
参加料: 1000円(ワンドリンク付)
※友の会会員様500円

※お申込みはコチラの応募フォームかお電話(03-6212-3200)にて承っております。


SHINOさん
美腰スタイリスト。「美腰メイク」考案者。STUDIO CUTE主宰。
1959年福岡県生まれ。出産後のダイエットがきっかけで骨盤の大切さに目覚め、骨盤のゆがみを直す体操や呼吸法、リラクゼーションなどを取り入れたオリジナルの美容体操をつくりあげる。カルチャースクールなどで指導し、数100人待ちもあるほどの人気講座に。現在はテレビ、雑誌などでも幅広く活躍中。著書に『絶対!運がよくなるミラクル美腰生活』(PHP研究所)、『SHINOの美脚&美腰 Wダイエット』(廣済堂出版)、『美腰ダイエット―1日5分でくびれボディ(DVD付)』(幻冬舎)など多数。最新刊は12月18日に発売される『SHINOのナチュラル美腰メイク』(祥伝社)。









※終了しました
 

久しぶりのミュージアムライブはゲストに、木村まさこさん(リストランテ「いな田」オーナー)、小倉知香子さん(ハープ・セラピスト)をお招きします。

このたび相田みつをの子育て応援ブック「いちばん大事なこと」(ダイヤモンド社)という子守唄のCD付の本が出版されました。CDには、木村まさ子さんによる相田みつをの詩の朗読と小倉知香子さんのハープ演奏が収録されています。「いちばん大事なもの」刊行を機に、詩の朗読とハープの演奏によるミュージアムライブを開催します。

お二人による言葉と音楽の素敵なハーモニーをお届けいたします。

開催日時: 2008年9月18(木)18:45〜19:45
テーマ: 「親子のこころをつなぐ〜相田みつをの詩の朗読とハープ演奏〜」
場 所: 相田みつを美術館第5展示室
講 師: 木村まさ子さん(リストランテ「いな田」のオーナー)
小倉知香子さん(ハープ・セラピスト)
参加料: 1000円(ワンドリンク付)
※友の会会員様500円

※お申込みはコチラの応募フォームかお電話(03-6212-3200)にて承っております。


木村まさ子さん
有機野菜を使ったイタリアンレストラン・リストランテ「いな田」のオーナーとしてご活躍されています。相田みつを美術館が銀座・東芝ビルにあった時代から何度もご来館されており、2007年7月に行なわれたミュージアムライブにもご出演していただきました。


小倉知香子さん
魂をゆさぶるハープの音色で人間の愛と調和を多彩に奏でながら、胎響コンサートや痴呆症対象の音楽療法、ハープ・セラピーなどでメッセージを伝えながら活躍されています。









※終了しました
 

今回のゲストは、タレント・木村拓哉さんのお母様の木村まさ子さんです。
木村まさ子さんは、有機野菜を使ったイタリアレストランのオーナーとしてご活躍されています。相田みつを美術館が銀座・東芝ビルにあった時代からたびたびご来館され、相田みつを美術館ともご縁のある方です。
このたび「育みはぐくまれ」(グラフ社刊)というご自身の体験と子育てを綴った本を出版されたのを機会に、ミュージアムライブにご出演いただきます。この本には相田みつをの『いのちの根』がテーマに使われております。木村まさ子さんにはそのほか「イタリア薬膳を召し上がれ」(小学館スクエア刊)という薬膳をテーマにした著書もあります。
今回のミュージアムライブでは、エピソードを交えながら、子育てと料理のお話をしていただけたらと思っています。

開催日時: 2007年7月4日(水)18:45〜19:45
テーマ: 「『いのちの根』に育まれ」
場 所: 相田みつを美術館第5展示室
講 師: 木村まさ子さん(リストランテ「いな田」オーナー)
参加料: 1000円(ワンドリンク付)
※友の会会員様500円


応募締切:2007年6月29日(金)
※定員制のため、応募者多数の場合は抽選のうえ、当落結果をハガキでご通知します。
お申込みはコチラの応募フォームかお電話(03-6212-3200)にて承っております。






※終了しました
 

ゲストは、舞台、ラジオ、テレビと幅広くご活躍されている俳優の久米明さんをお招きいたします。
久米さんは相田みつをと同じ1924(大正13)年のお生まれです。
朗読の第一人者として知られ、なかでも1966(昭和41)年から1990(平成2)年まで24年間続いた「すばらしい世界旅行」のナレーションは、高い評価を得ています。

久米さんは朗読の真髄は“何を伝えるかではなく、何故伝えるのかにある“といいます。このほど役者として語り手として60年の体験をまとめた『朗読は楽しからずや』(光文社刊)を出版されました。
この本によれば、朗読は押し付けられて義務的にやる仕事であってはならない。夢を求めて、楽しんで、弾む心で作品のページを開くべきだとあります。

相田みつをの詩を朗読していただきながら、『夢はでっかく・・・』の朗読の楽しさを語っていただきます。

開催日時: 2007年8月14(火)18:45〜19:45
テーマ: 「役者として語り手として60年」
場 所: 相田みつを美術館第5展示室
講 師: 久米 明さん(俳優)
参加料: 1000円(ワンドリンク付)
※友の会会員様500円


応募締切:2007年8月7日(火)
※定員制のため、応募者多数の場合は抽選のうえ、当落結果をハガキでご通知します。
お申込みはコチラの応募フォームかお電話(03-6212-3200)にて承っております



相田みつを美術館では、各分野でご活躍されている方をゲストとしてお招きし、日頃聞くことのできない御自身の身近なお話や、近況をお話し頂くミュージアムライブを行っています。
これまで開催されたライブをご紹介いたします。

今までのミュージアムライブ
ミュージアムライブ・ヒストリー

ページトップへ

作品の無断掲載は禁じられています。(相田みつを作品の一部あるいは全部を無断で複写複製(コピー)することは、法律でみとめられた場合を除き、著作者及び
出版社の権利の侵害となりますので、その場合には予め相田みつを美術館 まで承諾を求めてください)  Copyright © MITSUO AIDA MUSEUM
み