Mitsuo Aida Museum

MITSUO AIDA
みつを−TV
テレビ/ラジオ番組情報
携帯コンテンツ情報
リンク
私のみつを
みなさまの声
夏のワークショップ
 

ご来館された感想をお送りください。
みなさまの感想はこちらのコーナーに掲載される場合がございますのでご了承ください。
尚、ご質問等については、左下の「お問い合わせ」よりお願いいたします。
感想はこちらから>> 感想


2016年11月の感想文です。

いろんな詩をみて、たのしかったです。またこんどきたいです。

平成28年11月3日 7歳(女性)小学生 千葉県

初めてでしたが、前に親せきのオススメで(インターネット)で見たことがありました。「にんげんだもの」も、もちろん見ていました。にんげんを平が名で書いたみつをさんは、じゅんすいな心を持っていると思います。私は漢字で書くと思います。3つ「にんげんだもの」がかざってあった第一ホールは線の太さ、書き方、ぼやけ方がちがっていました。私は「ひとりでもいい」という題名の詩がとても良かったと思います。所どころみつをさんの声のする所があってみつをさんのことが分かって近くにいるようでした。みつをさんの思いが詩にこめられていて、その詩はまるで私の心をきれいにおせんたくしてくれたみたいです。

平成28年11月5日 11歳(女性)小学生 埼玉県

書と詩との両方を専門としていたことなどは知らず、興味本位での入場でしたが、よく知られている作品だけでなく、本当に初めて見るようなものが多く、心に深く沁みました。人間なら誰もがぶつかる障害などについて、じっくりと読み込んでいるうち、自然と涙腺がゆるむのを感じました。書に関しても、筆や背景1つの違い表現の違いで異なった印象を受け、どこかやわらかい表現の数々に心を打たれ、癒されました。
素敵な展示を見られて、非常に幸せを感じられました。

平成28年11月22日 22歳(女性)フリーター 大分県

毎回来る度に背中を押してもらっています。ありがとうございます。
できない約束はしない⇒できることはやりきる
具体的に動く
目に見えないものを大切にする
などなど、沢山共感できる言葉に感謝します。また勇気をもらい、遊びに来ます。

平成28年11月3日 34歳(男性)会社員 東京都

相田みつをさんは座右の書を紹介していました。私は座右の書に出会いたいのですが、出会えたことがありません。相田さんがうらやましく思えました。毎年、1万冊以上の本が出版されているのに私は46年間、座右の書に出会えていません。
私は仏の書を読んだことがありません。相田さんの書をみて、仏の書などをよく読み勉強されているのだなと思いました。相田さんの短い詩の中には、仏の書などの深い勉強があるのだなと思いました。

平成28年11月19日 46歳(男性)会社員 愛知県

相田みつをさんの「ことば」には何度か本などを通じて接する機会がありました。でも、今回こちらを訪問させていただき、1つ1つの書のエネルギーに圧倒されました。また、相田さんの「声」にふれることで、その誠実さと、ひたむきさに深く感じられ、心が熱くなりました。道元禅師の思想を根底に置きつつ、それを自分のものにしながら「道」を追求する姿は本当に素晴らしいと思います。難しい主題をわかりやすく伝える。しかもじっくりと深く深くしみ入る言葉で。とても良い体験をさせていただきました。ありがとうございました。

平成28年11月11日 54歳(女性)教諭 北海道

今一度、自分をみつめなおしたり、思わず「ぷっ」と笑ってしまったり、「うん、うん、ある、ある」と時間をかけて、ゆっくり歩きました。自分の人生と重ねあう所もあり、自分と先生の考え方の似ている部分や、書のあたえる力を感じながら、亡き母も書道家だったので共感しまた、伺いたいと思います。
母いわく、書は空白の遊びと常々言っておりました。言葉のもつ力と、書の美しさに心ひかれました。また、うかがいます。

平成28年11月5日 62歳(女性)会社員 千葉県

一年振りに来る事が出来ました。あちこち体が痛み、何をするに気力がなくて何も出来ないしょうがない等ネガティブな言葉ばかり出て来る今日この頃、自分で自分が嫌になります。ここに来てみつをさんの世界に触れたお陰で、少しポジティブに考えられるようになりました。“生かされてる”ともう一度しっかり考えこれからも前向きに頑張ろう!!と思いました。感謝しながら家族と共に笑顔で居たい!!今日来て良かったです。少し自分を好きになれたかなぁーって思います。せっかくこの世に生まれて来たのにね。元気を貰いました。幸せな時間を有難うございました。

平成28年11月24日 80歳(女性)滋賀県


ページトップへ

作品の無断掲載は禁じられています。(相田みつを作品の一部あるいは全部を無断で複写複製(コピー)することは、法律でみとめられた場合を除き、著作者及び
出版社の権利の侵害となりますので、その場合には予め相田みつを美術館 まで承諾を求めてください) Copyright © MITSUO AIDA MUSEUM
み