Mitsuo Aida Museum

MITSUO AIDA
みつを−TV
テレビ/ラジオ番組情報
携帯コンテンツ情報
リンク
私のみつを
みなさまの声
夏のワークショップ
 

ご来館された感想をお送りください。
みなさまの感想はこちらのコーナーに掲載される場合がございますのでご了承ください。
尚、ご質問等については、左下の「お問い合わせ」よりお願いいたします。
感想はこちらから>> 感想


2017年5月の感想文です。

わたしのすきなみつをさんの作品は、「いのち」です。この作品を読んだ時、あらためて、いのちはとてもだいじな物だと思いました。
今日は、かん長さんのギャラリートークを聞けてよかったです。また、来たいです。

平成29年5月3日 8歳(女性) 小学生 東京都

私は、相田みつをさんの作品を見て、いちばん心に残ったものは「逢」です。相田みつをさんの詩は、つらいときなどに心にしみます。とても良い作品ばかりで感動しています。つらいときなどは、相田みつをさんの詩を読んで元気をもらいたいです!

平成29年5月5日 13歳(女性) 学生 東京都

私は現在就職活動を行っている大学4年生です。私には“夢”というものがありません。今でもわかりません。考えることから避けて生きてきたら空っぽの人間になってしまいました。困難にあった経験もなく、嫌なことから避けてきたんだなと思います。
今回この美術館に足を運んだのは、家にいるだけでは経験できない、考えたい、感じたい、心を洗いたいと思い気づいたら“ここ”にいました。作品を見ていたら自然と涙がこぼれていました。心が洗われてた気がします。明日、今日からまた悩み考えていこうという力を頂きました。きまぐれトークにも参加できよかったです。ありがとうございました。

平成29年5月28日 21歳(女性) 学生 神奈川県

到知5月号を読んだのをきっかけに本日は参りました。作品「そのとき」について対談でお話されていたと思います。自分は何を大切にしているのか。自分のしあわせって何なのだろう。これが「そのときどう動く」につながっているのかなぁともやもやしながら考えながら会場を進みました。本日来て良かったです。

平成29年5月23日 28歳(女性) 会社員 愛知県

私は地方で、中高一貫の私立に通っていましたが高校の時、当時の校長先生から相田みつをさんが亡くなった事を聞きました。仏教の教育理念に掲げている事もあり、ご縁があって親交があったそうです。年賀状を出した後で訃報を聞いたので、お電話で非礼を詫びたと話されました。週に一度は全校でお経を読み校長先生の話を聞いていた私ですが、相田みつをさんが亡くなった事はとても残念に寂しくはじ感じたのを覚えています。
折に触れカレンダーや書物は拝読していますが、こちらの美術館はずっと訪れたいと願っていながら本日やっと来る事ができました。いろいろな思いが頭をよぎります。また来たいと思います。もう少しじっくり鑑賞してから帰ります。ありがとうございました。

平成29年5月3日 43歳(女性) 会社員 富山県

初めて観賞させて頂きましたが、新聞やラジオで流れているのと違ってみえたので、大変参考に成りました。テレビや新聞、ラジオは所々しか言わないので、為めに成りました。百聞は一見に如かずでは御座いませんが、観に来て良かったです。色々、人生について生きて行くための教訓を参考に役立てたいと思います。今回が、初めて観賞させて頂きましたが、大変役立ちました。又、機会が有りましたら是非、観に来たいと思います。与えられた人生を生き抜いて行く為の参考にさせてもらいに来たいです。今日は、家族2人で来ましたが、次回、機会が有りましたら家族ないしは、1人で観に来たいと思います。

平成29年5月31日 53歳(男性) 東京都

初めて来ました。以前、銀座にある時に伺いたいと思っていましたが、来れませんでした。
今回GWの5日、東京見学で足を寄らせてもらいました。自分の気持ちに「素直になって」帰ります。

平成29年5月5日 60歳(男性) 富山県

今、メキシコから来たと言う青年2名が「言葉はわからないけれど〜」入館したそうです。何か引き寄せられる書の力が有ったのでしょう?スマホの音声ガイドを持って立寄って来れた青年2人…。うれしかったです。海外へも相田さんの詩や書が伝わってほしいですね。
大勢の人々の心を引き付ける相田作品、心にしみて戦い事のない世界が広がる様祈ります。

平成29年5月27日 76歳(女性) 東京都


ページトップへ

作品の無断掲載は禁じられています。(相田みつを作品の一部あるいは全部を無断で複写複製(コピー)することは、法律でみとめられた場合を除き、著作者及び
出版社の権利の侵害となりますので、その場合には予め相田みつを美術館 まで承諾を求めてください) Copyright © MITSUO AIDA MUSEUM
み