Mitsuo Aida Museum

MITSUO AIDA
みつを-TV
テレビ/ラジオ番組情報
携帯コンテンツ情報
リンク
私のみつを
みなさまの声
夏のワークショップ
 



2020年2月の感想文です。

すごくいい詩があり、すわれる所もありよかったです。すごくとくちょうがある字ですてきでした。

2020年2月23日  9歳(女性) 小学生   東京都

相田みつをさんという人は知らなかったけど、今日美術館にきて知ることができました。飾ってある作品の文を読むことができてよかった。文がいいと思います。

2020年2月9日  12歳(男性) 学生   東京都

先日、第一志望の大学への道が完全に途絶えました。かなり心にくるものがあり、今日も私立受験だったのにもかかわらず休んでしまった。「今年はセンター最後の年」とか「絶対に浪人できないぞ、君たちは」とか色々言われて、精一杯努力してきた結果がこれでした。全て投げだして山手線一日中乗るつもりでしたが、偶然この場所に辿り着きました。まだ第一展示室しか見てませんが、だいぶ心が楽になりました。転んだってもう一度起き上がればいいのです。明後日にはもう実家に帰っている私ですが、その私はきっと最後のチャンスに向かって起き上がっています。今日はこの場所に辿り着くことができた幸福な日でした。

2020年2月12日  17歳(男性) 高校生   新潟県

昨日テレビ番組で相田みつをさんの詩が出てました。良い詩だったので今日来てみました。最近は仕事や生活に疲れを感じることが多く立ち止まってしまうこともありますが、それで良いんだと今日分かりました。人間だもの。
高校生の時の書道で「しあわせはいつもじぶんのこころがきめる」を色紙にかきました。今も和室に飾っています。ふとした時に見ると「ホワッ」とした気持ちになり、落ち着きます。ムズカシイ言葉ではなくて、誰でもわかる簡単な言葉だからこんなにも多くの人の心を掴んでくるんだなぁと思います。
今日新たに「自分の花 名もない草も実をつける いのちいっぱいに自分の花を咲かせて」に出会いました。私の名前に「実」が入っていることもあり、親近感がわきました。
私の残りの人生で、自分の花をキレイに咲かせられるように頑張ります。

2020年2月23日  25歳(女性) 会社員   鹿児島県

昨年の夏、偶然訪れる機会があり、ものすごい感銘を受けました。なので、今回は東京に到着して一番に計画的に訪れました。沢山の作品にうなづいたり、反省したり、言葉が出ない程感動したり。自分の日々を考えさせられます。また、小・中学生を育てる親としても、言葉の力、重さは日々実感しています。
私の好きな言葉は「やらなかった やれなかった どっちかな」です。気持ちの行き場が一気になくなります。自分が猛省してから子ども達へ形を変えて読んであげたり。親子で成長します。少しの間、休館とのこと、落ち着いたらまた学びに来ます。

2020年2月22日  45歳(女性) 会社員   宮城県

「うばい合えば足らぬ わけ合えばあまる」今のマスク騒動にあてはまる言葉で思わずクスッと笑ってしまいました。
約40年程前、母の定期購読していたショッピングニュースに載っていた作品と文章で相田みつをさんの作品を知り、以降今まで折々に力をもらいました。
自分は年をとっても作品やことばにはいつも新鮮さを感じます。人間の本質を見つめ、語りかける作品だからなのだと思いました。また来ます。

2020年2月9日  53歳(女性) フリーランス   奈良県


ページトップへ

作品の無断掲載は禁じられています。(相田みつを作品の一部あるいは全部を無断で複写複製(コピー)することは、法律でみとめられた場合を除き、著作者及び
出版社の権利の侵害となりますので、その場合には予め相田みつを美術館 まで承諾を求めてください) Copyright © MITSUO AIDA MUSEUM
み