Mitsuo Aida Museum

MITSUO AIDA
友の会
みつを−TV
テレビ/ラジオ番組情報
携帯コンテンツ情報
リンク
私のみつを
みなさまの声
夏のワークショップ
 

ご来館された感想をお送りください。
みなさまの感想はこちらのコーナーに掲載される場合がございますのでご了承ください。
尚、ご質問等については、左下の「お問い合わせ」よりお願いいたします。
感想はこちらから>> 感想


2017年8月の感想文です。

みつをさんの「し」は、「にんげんだもの」しか知りませんでした。けれど今日みつをさんのしをたくさん見て私はみつをさんの気もちになってみました。「みんなをよろこばせるしを作りたい」そういう思いで書いたのではないでしょうか。みつをさんのすてきなしを見てみんなは、感動したり、よろこんだりしているでしょう。くじけそうになった人でも今日みつをさんのしを見てやる気が出たと思います。みなさん、みつをさんにとてもかんしゃしているでしょう。私もかんしゃしています。なぜなら、みつをさんは人をよろこばせるししか書いていないからです。

平成29年8月15日 10歳(女性) 小学生 東京都

心に響き渡るような作品が多く、改めて感動しました。今現在の自分を振り返るような、そういう経験が出来ました。

平成29年8月11日 12歳(男性) 中学生 東京都

相田みつを美術館への来館はこれで4回目になります。最初来館した時は感じなかった言葉の意味を感じられるようになったり、深く詩の背景や意味を考えるようになりました。
相田みつを先生の作品は常にポジティブで人々に勇気を与えてくれます。私もその一人です。挫折した時、苦しい時、悲しい時、楽しい時、どんな時でも感じる感情をポジティブに表現し、人の力となって言葉が心の中で生きていきます。みつを先生の作品で何度苦しいことを乗りこえてこれたことか。たかが言葉と思っていたけれど、言葉はしっかりと人の心の中に生き続け糧になっていくんだとこの作品に出会って思いました。有難うございます。

平成29年8月3日 20歳(男性) 学生 東京都

“忍”。作品を観賞し、1つ1つを心の中に落としていく中で、人生を自由にあるがままの心を受けとめていきていくこと、そして苦しいものを耐え忍ぶことの大切さを改めて考えました。身近な人の死に直面することがあり、人生とは、命とは、何だろうと思い悩んでおりました。1人1人与えられた命。力いっぱい本気ですごして、心身を鍛え苦難を耐え、日々を生き抜いていきたいと思います。詩や書体から伝わる真っ直ぐな思い。自分の心を励ます栄養と思って、みつをさんの作品を心に留めておこうと思います。
“言葉は力をもっている”温かい言葉、厳しい言葉は全てから明日への活力をもらいました。素敵な作品、ありがとうございました。

平成29年8月5日 27歳(女性) 公務員 愛知県

館長様から直接ご説明いただき、本当にいい勉強になりました。こちらはいつも相田みつを先生の作品を勉強し、毎回感動し、勉強し続けています。
中国人ですけど、もっと多くの中国人の方々に相田みつを先生の作品を知るためにWeChatでグループに転送させていただきます。これからもぜひ美術館に行ってかんしょうしたいと思います。

平成29年8月11日 38歳(男性) システムエンジニア 東京都

初めて来館しました。夏休みの課題という事もあり、子供と来ました。ずいぶん前から「相田みつを」は知っていましたが、年々、その意見とらえ方が変化しなんなんでしょうか。涙が浮かんできました。感想という訳ではないですが、ひと言書きたく記入しました。

平成29年8月12日 45歳(男性) 会社員 東京都

今年2回目です。前回は2月、館長の朝散歩に参加することができました。今日は一つ一つの作品を解説からではなく、自分の感性のおもむくまま楽しませていただきました。“じぶん”“うしろと”“肥料”“いまが大事”など書きとめて神戸へ帰ります。また、現場でがんばる勇気をいただきました。東京の数ある美術館の中で僕の心をとらえて放さない魅力がここにはあります。出張がない限りなかなか訪れることができませんが、またここへ帰ってきます。いつもどうもありがとうございます。

平成29年8月24日 53歳(男性) 教員 兵庫県

どの言葉も書も心に響き泣けてきました。今の自分が、迷いがあり中途半端だからでしょうか。幸せを感じるのに、何か水に流せない情けない思いを持ち・・・ “みつをさん”の言葉を心に持ち“今ここが大事”と努力します。
“ありがとう”出逢えてよかった。

平成29年8月21日 62歳(女性) 主婦 三重県

8月は戦争の悲しい思い出の月です。風鈴のさわやかな音を耳に聞きながら観賞された来館者の感想文を読ませていただきました。相田みつをさんの文と詩は今自分が立たされている足元を見つめ直させてくれます。そして、感想文を通して、ここに来られた方々の姿や心が私にせまって来ます。ご縁あっての出逢いの場となり心が通じ胸にせまる思いがします。悲しい出来事やいやな事の多い日々ですが、美術館に来ると少しづつ元気が戻って来ます。
“元気の気”を与えて下さる場、自分が自分に戻る場だといつも思っています。年齢に関係なく、いつまでも通って来られる様、体力・気力をしっかり持てる様、気合いを入れました。

平成29年8月8日 76歳(女性) 主婦 埼玉県


ページトップへ

作品の無断掲載は禁じられています。(相田みつを作品の一部あるいは全部を無断で複写複製(コピー)することは、法律でみとめられた場合を除き、著作者及び
出版社の権利の侵害となりますので、その場合には予め相田みつを美術館 まで承諾を求めてください) Copyright © MITSUO AIDA MUSEUM
み