Mitsuo Aida Museum

MITSUO AIDA
友の会
みつを−TV
テレビ/ラジオ番組情報
携帯コンテンツ情報
リンク
私のみつを
みなさまの声
夏のワークショップ
 

ご来館された感想をお送りください。
みなさまの感想はこちらのコーナーに掲載される場合がございますのでご了承ください。
尚、ご質問等については、左下の「お問い合わせ」よりお願いいたします。
感想はこちらから>> 感想


2017年6月の感想文です。

わたしは、ここにきて一つわかったことがあります。それは、自分のことは自分できめること。人にながされないことを。わたしは、声をうまくだすことができません。だから、わたしは「うん」というしがすきです!わたしの話しをきいてくれたきがするからです!

平成29年6月2日 8歳(女性) 小学生 神奈川県

私は、第二ホールで見たビデオで「おかげさん」という言葉の意味が分かりました。ふり返ってみると私もたくさんの人にささえられています。お母さん、お父さん、妹...でもそれが当たり前に感じていました。それをみつをさんがかげでささえる人がいるからこそ自分がいる。だから「おかげさん」というようにいっていました。だからかげでささえてくれる人たちに、かんしゃを忘れないようにしたいです。

平成29年6月2日 10歳(女性) 小学生 神奈川県

友人から誘われて、山梨県より参りました。
近頃、勉強がうまくいかなかったり、人と人とのつながりの薄さや、自分自身についても悩みや嫌だなぁと思うところが多く、気持ちが沈んでいました。しかし、この美術館を訪れて、相田みつをさんの文字と言葉で心が洗われたような気分です。今、とっても心が軽いです。これからはよそ見をしたり、うしろを振り返ったりしないで、自分だけの道を歩いてゆこうという前向きな気持ちになれました。私のことですから、また後ろ向きになってしまう時が必ずやってくることと思います。そんな時はまた相田みつをさんの言葉を思い出して、しっかりと地に足をつけて歩いてゆこうと思います。ありがとうございました。

平成29年6月22日 20歳(女性) 大学生 山梨県

一点一点の各作品が心にひびきました。
年齢を重ね、子供が成長するにつれ、また心へのひびき方も変わるものなのでしょうか。
失敗をして、ぐちをこぼしながら、全力で生きてゆかねばならないですね。

平成29年6月25日 38歳(男性) 公務員 岩手県

相田みつをさんのことはもちろん知っていましたが、本を買うまではしていませんでした。ですが、先日「到知」の特集で館長さんが「その時どう動く」をテーマに対談された記事を読みました。何気なく読んだのですが、そこに書かれていた詩.書に突然涙が溢れました。心に触れるものがあったのだと思います。今回は東京に来る機会があってぜひと思って訪れました。ここでもやはり涙が出ました。厳しいことを言っているんだけど、優しい心が溢れているように思います。あたたかい気持ちになりました。ありがとうございました。
仏様の写真かざってみようかな…

平成29年6月9日 42歳(女性) 会社員 大阪府

まさか館長にお会いできるとは思っておりませんでした。お話しを伺うことも出来、とてもうれしく思っております。
到知で拝読し、ぜひ1度と思い妻と来ました。ありがとうございました。

平成29年6月3日 56歳(男性) 会社員 千葉県

相田みつをさんの印象が大きくかわりました。…というより何も知らず雰囲気だけで判断?決めつけていました。
人の前でお話することが多いのですが、聞いてくださる方々をこれからは「宝」と思って心の中で手をあわせて話すことにします。

平成29年6月4日 58歳(女性) 会社員 大阪府

自分の生きてきた道をこんなに深く考え、見つめた事はなかった。この展示を見て、自分は今までに不平不満が多く、なげいた事もありますが、自業自得だと思い知らされています。

平成29年6月21日 79歳(女性) 静岡県


ページトップへ

作品の無断掲載は禁じられています。(相田みつを作品の一部あるいは全部を無断で複写複製(コピー)することは、法律でみとめられた場合を除き、著作者及び
出版社の権利の侵害となりますので、その場合には予め相田みつを美術館 まで承諾を求めてください) Copyright © MITSUO AIDA MUSEUM
み