Mitsuo Aida Museum

MITSUO AIDA
みつを-TV
テレビ/ラジオ番組情報
携帯コンテンツ情報
リンク
私のみつを
みなさまの声
夏のワークショップ
 

ご来館された感想をお送りください。
みなさまの感想はこちらのコーナーに掲載される場合がございますのでご了承ください。
尚、ご質問等については、左下の「お問い合わせ」よりお願いいたします。
感想はこちらから>> 感想


2019年1月の感想文です。

みつをの人生の歩みや、みつをが書いた作品がとても心にのこりました。次回の企画展「みつをの文字力」にも来てみたいと思います。

平成31年1月3日 9歳(男性) 小学生 東京都

初めて相田みつを美術館に来ました。相田みつをさんのカレンダーが祖母の家にあったので、よく読んだことはありました。でも、実際に本物の作品を見て、色々なことを思いました。
特に共感した作品は「生きていて」です。自分のすきなことがまさに「生きていて」の詩の通りだったからです。「めぐりあい」は読んだときに、自分がそう言ってもらえるような人になりたいと思いました。ひとりでもめぐりあえてほんとうによかったと思ってもらえるような人になれるように頑張りたいと思いました。
「夢はでっかく 根はふかく」そしてめぐりあえてよかったと思ってもらえるような人間になれるように日々生きていきたいと思います。また来たいと思いました。

平成31年1月11日 18歳(女性) 学生 埼玉県

相田みつを美術館には初めて来館した。色々な詩が沢山あり、その中でいくつか惹かれるものがあった。ひとつは「道」。長い人生にはどんなに避けようとしても通らなければならない道がある。そんなときは黙って歩く。涙はみせない。弱音や愚痴は吐かない。という所に共感した。私も人間だから、話の噛み合わない人や苦手な人がいる。そんな人には決して自分の弱みを知られたくはないから、人前では泣かないし、自分の悪いところを見せないし、ぐちも言わない。
もうひとつは「日日是好日」。自分にとって都合の悪い事がおこっても、そのことをどう受け止めていくか。その言葉に惹かれた。どんなに都合が悪く最悪な日があっても明日は絶対楽しい!幸せになってやる!という前向きな気持ちを大事にして生きていこうと思えた。

平成31年1月11日 18歳(女性) 学生 東京都

本屋で何か一冊買って読むよりも、ここに来る方が何倍も元気になれますし、リフレッシュできますね。己を振り返りたい時に寄らせて頂いております。2019年は、より周りの人への感謝を忘れずに、またそれを言葉や態度でしっかり伝え、示していきたいと思っています。
“不染汚”今回の中で一番心に残った言葉がこれです。自分らしく、あるがままに心身すこやかに毎日を過ごせるようある程度のメンタルトレーニングは必要と思うので、がんばりたいと思います!!

平成31年1月9日 32歳(女性) 会社員 北海道

何回来てもあきることがない。私にとってここ「相田みつを美術館」はそういう場所です。
思えば、私は30年近くを愚痴や弁解をしながら生きてきてしまったと感じます。いまだになくなったわけではありません。でも、今日またここに来て、本当に心からいけなかったなと思いました。45歳の今、ようやく働き口が見つかったお陰で、良い職場と「出逢えた」と実感しつつあります。まだ自信は持てないけれど、いのちいっぱいにがんばります。

平成31年1月11日 45歳(女性) 作業員 東京都

50にして新しい仕事を始めいろんな刺激を受け、勉強し、なんでこんな事をしているのかと思う。人生「のに」ばっかりだった事に反省し、まだまだ勉強がんばれ俺。まだまだ一年生、がんばれ俺。

平成31年1月14日 51歳(男性) 会社役員 徳島県


ページトップへ

作品の無断掲載は禁じられています。(相田みつを作品の一部あるいは全部を無断で複写複製(コピー)することは、法律でみとめられた場合を除き、著作者及び
出版社の権利の侵害となりますので、その場合には予め相田みつを美術館 まで承諾を求めてください) Copyright © MITSUO AIDA MUSEUM
み